2007年に日本医科大・太田成男教授らの研究グループにより、水素の医学的効果に対する研究がネイチャーメディシンに発表されました。その後も、国内の有力大学や病院で研究や臨床試験が行われ、海外でも研究が進められ、水素の有用性に関する論文は、国内外合わせて200を超えるといわれています。美容やアンチエイジングの分野でも水素の役割が注目を浴びており、水素水のコラーゲン構築効果やセルライト抑制効果、メラニン生成の抑制効果、美白効果についての研究結果が発表されています。